toggle
2018-07-17

『「空気」の研究』の第一印象

7月の月替わりセールで安かったので読んでいます。

まだ20%しか読んでいませんが、ビジネス書というよりは民俗学の本っぽい。


私の中で民俗学といえば、京極夏彦であり柳田國男なのですが、なんかそんな感じ。

「人」でもなく「歴史」でもないものを対象に「空気」を解明していっているからでしょうか。歴史も好きだけど民俗学も好きです。難しいなーと思うけれど。

きっかけは小説だったり漫画。当時気になっていたけど読めてない漫画いっぱいある…。

ふりにちで「セルフマネジメント」や「栄養」などについての記事を書いています。また、広島で月に一回「広島ライフラボ」を開催しています。ライフハックマガジン・コミカル!では「てぬきっこ」。

関連記事

    関連記事はありません

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *